④ 自問させる想像させる、項目を意図的に設ける【3月Zoomセミナー:”まだ間に合う!オンライン新入社員研修、 外してはいけない 5 つのポイント講座】2021年3月8日

④ 自問させる想像させる、項目を意図的に設ける

【3月Zoomセミナー:”まだ間に合う!オンライン新入社員研修、
外してはいけない 5 つのポイント講座】

前回に続き、

21 年新入社員受け入れ
「まだ間に合う!オンライン新入社員研修、外してはいけない 5 つのポイント講座」
今、予定している研修に対し確認、プラスするだけで効果が変わる!
Zoomセミナーで行うテーマの説明をさせていただきます。

④自問させる想像させる
項目を意図的に設ける

そして4番目の、

④自問させる想像させる
項目を意図的に設ける

についてですが、

あの
新人研修ってどうしても
答えを与えやすくなってしまう
状況にあります。

特に
マナー研修は、
その典型的な研修なのですが、

答えを与えてこなさせるような方向に
進ませるのでは新入社員研修として
効果的ではないので、

「自分達なりに
 疑問をちゃんと
 いかに持たせるか」
というところは、
すごく大事になってくきます。

もしくはあの
投げかけをして
答えがないままの状態の中で、
自分のに考えてみることが
すごく大事になってきていて、

例えば
「上司がこういうことを言った時に
どんな対応すればいいのか」
みたいな話ってありますよね?

その問いについて
「これが正解」というような
答えはて存在しないので、

「自分なりに現場に行って考えてこい」
という話なので、
その問いに対しての現場体験を
ちゃんとやった上で、

それで、そこがあったからこそ
えっと フォロー 研修、
⑤ 導入研修の内容を踏まえてフォローを想定しているか?(連動、継続性)
につなげる事になるんですね。

これを受講者の質問が来たときに
じゃあ自分たちなりに考えてみてじゃなくて
自分たちなり
に考えさせる
意図的に設計しておくことが必要です。

例えば「仕事とは何か」
みたい話っていうの
答えを与えちゃうんですけれども、

そもそも

「仕事とは何か?」
っていうのは
自分たちに考えてください
と伝えるのが重要であって、

「フォロー研修の際に
皆さんなりの考えを
シェアしてください」
というような真に有社員研修の
設計の仕方としては
正しいんですね。

そういった新入社員研修の方が
⑤ 導入研修の内容を踏まえてフォローを想定しているか?(連動、継続性)
とつながる効果的な新入社員研修を設計していくことが出来ます。

そういったことを
一日一項目とかでもいいので
新入社員の方達に考えさせて

できれば1回研修内で
アウトプットさせた上で
半年後にもう1回同じ問いで
新入社員の方達に
再び問いかける機会を作る事が重要です。

そうすると、
業務を通じて、時間が経過しているで、
新入社員の方達も、
当時の新入社員研修受講時とは、
視点が変わってるはずなので、

その視点が変わったっていうのが
新入社員の方達の
成長であったりとか
場合によっては
今ある既存の文化に
迎合をしてしまってるかどうかみたいなところの
見極めがしやすくなり、
どのような環境に新入社員が
置かれているのか置かれていたのかも分かりやすくなります。

 

3月Zoomセミナー:”まだ間に合う!
オンライン新入社員研修、外してはいけない 5 つのポイント講座

021年 3月18日(木)
午前 9時30分 ~ 11時30分

参加費 無料

下記のURLからご登録いただくと、URLが発行されてご登録メールに届きます。

[セミナー参加申し込みはこちら]
https://zoom.us/meeting/register/tJckcuqrrTMiHNSXbwqC0Bcavb8rmuY9-u25