今の世代(Z世代)の新入社員が将来有望な社員になるために必要な要素は自己成長力(自己学習力)である。2021年1月8日

今の世代(Z世代)の新入社員が
将来有望な社員になるために必要な要素は
自己成長力(自己学習力)である。

社員研修は、中長期的に優秀な社員を育成していく
計画、設計をしていく必要があります。


優秀な社員の要素の一つに
自己成長力(自己学習力)があります。

上司や先輩から何かを言われないと動けない社員は、
入社1年目2年目であれば温かい目で
見守ってもらえるかもしれませんが、
その状態が許される時間はわずかです。

自分で学習できる、成長できる力を身につければ、
会社であり、上司や先輩から求められる以上に
仕事をこなすことも可能になります。

会社に求められる人材を育成できるかどうかは、
御社の社員研修等の教育力に依存しています。
また、世代の変化でも対応の仕方を変えていく必要があり、
ここを間違えてしまうと、いかに可能性のある社員でも、
逆効果になってしまうケースも少なくありません。

#Z世代
#新入社員
#自己学習力
#コロナ禍