「世界は変わった。」 インパクトのある明確な言葉で伝える事を意識すると 社員研修の効果は同様の内容でも 大きな違いを生み出します。 その方法の事例。[効果的な研修]2021年1月9日

「世界は変わった。」 インパクトのある明確な言葉で伝える事を意識すると
社員研修の効果は同様の内容でも 大きな違いを生み出します。
その方法の事例。[効果的な研修]

 

社員研修を効果的な研修へと設計していくために、
大切なポイントの1つとして、 インパクトのある
明確な言葉で伝える事を意識する 事があります。

今の世代(Z世代)の新入社員、新人社員の方達の特性を理解して、
正しく効果的な社員研修を設計していきましょう。

エフィカシー(自己効力感)の低い今の世代(Z世代,Next世代)の新入社員の方達は、

「チャレンジする。」

という事に大きな壁を感じてしまう傾向にあるため、
この壁をどう乗り越える新入社員研修を
行うかがポイントになります。

チャレンジをした結果、
30年、50年後にも会社にも社会にも
必要とされる人物になっているということを
理解してもらう必要があります。

エフィカシーについて新入社員、新人社員の方達に
直接説明をする機会はありません。
その反面、研修を担当する側は、
「いかに新入社員のエフィカシーを醸成させることが出来るか。」
については常に意識して、新入社員研修の設計を
どうするか考えていく必要があります。